本文へスキップ

WWU戦争博物館・戦跡ガイド

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-1234-0000

〒163-0000 東京都○○区○○○1-2-3

西欧(独仏のみ)Germany and France

独・仏のWWU博物館・戦跡

院長写真

ドイツ、フランスは、第二次大戦では戦場になりました。









今後の掲載予定は、
@西欧(独仏のみ)
●ドイツ
・ムンスター戦車博物館
・コブレンツ技術博物館
・ジンスハイム戦車博物館
・Uボート「U2350」(ウィルヘルムスハーフェン
・ドイツ海軍博物館
・ベルリン戦跡群
 ・高射砲陣地群
 ・ヒトラー総統壕跡地
 ・地下防空壕群
 ・ゲーリング空軍省跡
 ・ゲシュタポ本部跡
 ・T4作戦跡地
 ・国会議事堂(ソ連軍との最終激闘地)
・ハンブルク戦跡群
 ・高射砲陣地群
 ・旧ソ連製潜水艦博物館
・ハノーバー空軍博物館
・ミュンヘン
 ・ドイツ博物館
 ・ホフマン写真館跡
 ・ヒトラー住居
 ・ナチ党ビアホール
 ・ダッハウ強制収容所
・ニュルンベルグ
 ・ニュルンベルグ法廷
 ・ヒトラー松明行進&演説公園
 ・ナチスドイツ博物館
・SS博物館(パーダーボルン)
・ベルクホーフ山荘



●フランス
・ソミュール戦車博物館
・ブルージュ空軍博物館
・パリ近郊タイガー戦車(実車記念物1台)

*カレー、ノルマンディー地方
 ・V1、V2ロケット発射基地群
  ・la coupole
 ・巨大列車砲博物館(グスタフ実物あり)







■Germany ドイツ
■ペーネミュンデ
ペーネミュンデは、北ドイツにある、V2ロケットなどの開発拠点です。
フォン・ブラウンを始め、優秀なロケット科学者を集めました。
 






■SS博物館(通称)=ヴェーヴェルスブルク城(パーダーボルン)
■UボートU2350
(ブレーメンハーフェン)



 
 


■狼の巣(ウォルフ・シャンツェ)
13番ヒトラー・ブンカー



■ヴァンゼー会議博物館
*ラインハルト・ハイドリヒが主導し、ナチスがユダヤ人絶滅政策を国家として決定したとされる、「ヴァンゼー会議」を行った、ヴァンゼー別荘(ベルリン郊外)。
*アドルフ・アイヒマンは.ここでハイドリヒの副官として書記を務めた。
*中は、当時の書類や写真等が展示され博物館になっている。





■空母ホーネット
・サンフランシスコの空母ホーネットがそのまま博物館として公開されています。



■ドイツ海軍博物館
(ウィルヘルムスハーフェン)






■U955 (キール)



■西方要塞博物館






 



 
■ハンブルグ、フラックタワー
ハンブルグの高射砲陣地タワー。
ドイツのハンブルグ、ベルリン、オーストリアのウィーンには、巨大な高射砲陣地兼防空施設としてのコンクリート建造物が多数建造された。
空襲、戦闘でも崩壊せず、多くの施設が、放置、またはビルなどとして再利用されている。
このハンブルグ中心部のタワーは内部は商業雑居ビルになっている。
 



 



 



 
※ビルの中は、商店がいくつもある。



 



 
 
 

■コブレンツ技術博物館
3号突撃砲



 
 





 
 





 
 





 
 

frak40 1943年




 
 

■ムンスター戦車博物館
シュトルムティーガー




 
 

キングタイガー



 
■ハノーヴァー空軍博物館 


 
 
■ミュンヘン
 
■旧ホフマン写真館 
 

■France フランス
■ノルマンディー沿い戦跡・博物館群
■アヴァランシュ
トッド機関要塞博物館
BATTERIE MUSEE 


 


 
■la coupule
*V2号ロケット発射基地
山のように見える巨大なコンクリートドーム。
下のトンネルから入れます。
ブンカーのように重装備のV2号用のICBM基地。
 
 


*V2ロケットがドームの屋根からつるされています。
非常に巨大。

 


 
 *V1号も展示。


 
 
 
 
 



●●について

●をしています。
ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。


●●

○○○○
○○○○
○○○○
○○○○
医師
○○○○

Builder Clinicビルダークリニック

〒163-0000
東京都○○区○○○1-2-3
TEL 03-1234-0000
FAX 03-1234-0001